Latest News

今回更新したのはこの記事です。ちょっとした詳細を抜粋します ...
その前に更新したのはこの記事です。ちょっとだけ詳細を抜粋し ます....
さらにその前に更新したのはこの記事です....
だいぶ昔の記事です ...
これからよろしくお願いします ...

AGAになる原因

AGAの直接的な原因の中でもっとも多くを占めるのはDHTです。


男性ホルモンであるテストステロンが、体内にある5αリダクターゼという酵素と結びつくと、ジヒドロテストステロン=DHTという悪玉ホルモンに姿を変えます。


この悪玉ホルモンは、「悪玉」と言われるだけあって、男性の体には良くない影響を及ぼします。


中でも世の男性を苦しめているのは、DHTが原因となった薄毛です。


DHTが原因となる薄毛のことをAGAと言います。


DHTが原因の薄毛は、いきなり髪が抜け落ちるというだけではなく、まずは髪が細くなるところから始まります。

そのため、DHTが生成されていても最初はなかなかその変化に気づくことはできません。


気がついたらはげていた、ということは良くありますが、自分でもはげてきたと気づいた頃には、すでに髪の毛のおよそ半数が失われているという可能性もあります。(参考:http://禿げてきた.xyz


この段階になると、育毛シャンプーなど、頭皮の脂を落とすような対策だけで髪を復活させるのはすでに難しい状態です。

積極的にDHTの発生を抑えなければ、抜け毛を食い止めることはできません。


同じように、睡眠不足や食生活も薄毛の原因にはなりますが、AGAの発生原因に占める割合としてはDHTと比べて大幅に少ないため、やはりこの段階になってから睡眠や食事に気をつけても、薄毛から回復することは難しいです。


ではどうのようにDHTの生成を抑えることができるのでしょうか。


それはテストステロンと結びつく酵素の方、5αリダクターゼを抑制することが鍵になります


<続く>


このサイトについて

このサイトは、AGAに関する情報をまとめた総合サイトです。AGAになったらどうするべきか、回復するためのクリニック選びや、クリ ニックに抵抗のある人、まだ症状が初期で育毛剤から検討している人への情報を追加していきます。...

準備中

このコーナーは準備中です...

準備中

このコーナーも準備中です...