Latest News

今回更新したのはこの記事です。ちょっとした詳細を抜粋します ...
その前に更新したのはこの記事です。ちょっとだけ詳細を抜粋し ます....
さらにその前に更新したのはこの記事です....
だいぶ昔の記事です ...
これからよろしくお願いします ...

AGAの初期症状

AGAは、前髪から発生するのが一般的と考えられています。


AGAの進行具合を分類する”ハミルトン・ノーウッド分類”でも、最初の段階では前髪が薄くなる状態を初期として分類しています。


しかし、ハミルトン・ノーウッド分類は欧米人向けに作られた分類です。

日本人はこの分類と異なるパターンが多く、つむじから進行する人も少なくありません。

そのため、高島分類という日本人向けの分類が使われることもあります。


世界的に見ると、一般的には前髪からAGAの初期症状が始まるということです。


初期症状は早ければ10代から見られることがあります。


しかし、10代へのプロペシア・フィナステリドの安全性は保障されておらず、AGAクリニックでも処方されることはありません。

10代の危険性が懸念されるプロペシアは、個人差により20代前半でも悪影響が出るため、20代へも処方を渋るクリニックが多いのも事実です。


だから10代で前髪が薄くなってしまった人は薬を飲むこともできず、このような別の解決法で→前髪薄い男.com

薬が飲める年齢まで前髪を温存することが大切になります。


法律の範囲内であれば、フィナステリド・プロペシアを個人輸入することも可能です。
インターネットの普及で個人輸入が簡単になったため、AGAクリニックに頼らず安易に個人輸入でプロペシアを服用する若者が増えました。

しかし、クリニックでも10代・20代への処方を渋るのにはやはりそれなりの理由がありました。
個人輸入でプロペシアを服用した若者の間では、プロペシアでかえって前髪がなくなった、初期脱毛かと思ったらそのまま戻らなかった、など、前髪がなくなってしまうトラブルの報告が少なくありません。


また、薬に対する理解もクリニックによりかなりの差があります。
通いやすいことだけを理由に選んだ近所の皮膚科で、処方されたプロペシアを飲んで前髪がなくなったという事例も口コミ投稿では見られます。

薬の影響が出やすい体質かどうか、影響がで始めたら適切な選択をしてくれるクリニックかどうか、というのは、通い始める前にある程度、評判などを気にして調査することで見定める必要があります。


<続く>


このサイトについて

このサイトは、AGAに関する情報をまとめた総合サイトです。AGAになったらどうするべきか、回復するためのクリニック選びや、クリ ニックに抵抗のある人、まだ症状が初期で育毛剤から検討している人への情報を追加していきます。...

準備中

このコーナーは準備中です...

準備中

このコーナーも準備中です...